過去ログ

2018年12月29日

★ 2018年 ○と× ★

本年もいろいろございましたが、通常営業を終了いたしました。今年最後の更新は恒例の「2018年の〇と×」1年を振り返り反省してみましょう。

まず〇から、昨年以上の営業成績を上げられたこと。ひとえに御客様各位に感謝でございます。目指してきたスタイルが承認されたというか、間違っていなかったと言うことだと認識しています。まだまだ発展途上でもあり試行錯誤の上に邁進するだけですね。関連して沢山のお客様に恵まれ、常連客さんが週末ともなれば夜遅くまで車談議にとどまらず話の花を咲かせていました。そんな場所であった事が営業にも表れたのだと思います。他店と比べてもリピート率の高さも一つの自慢です。

車好きの"憧れ"のクルマたちを並べて販売できたこと車屋冥利につきますね。「ランチア・モンテカルロ」「エスプリ」「オペル・GT」等のネオクラシックカーをエンスージアストの下へお届けすることが出来、「スピダー」「サンク」「BX」「ティグラ」などの絶滅危惧種を在庫している幸せ(笑)。注文販売のブローカーさんや、高年式のドイツ車、国産車ばかり並べている店主には解りえない事だと思いますが、

巷ではハイブリッドの電気自動車、軽自動車にSUVが登録のほとんどになってきている中で、12気筒エンジンを搭載した「W12・トゥアレグ」や、「911・ターボ」を販売し、「ボクスター」を初めとするオープンカー・マニュアルシフト中心の品ぞろえのショールームを見るにつけ、クルマが好きで始まった商売を、クルマ好きのハートに刺さる車を中心に営業できる幸せを噛み締めています。(ハイリスクではありますが・・・)

個人的な事ではありますが、二人の孫がすくすく成長している事に◎!夫婦で「角館」と「伊豆」に旅行に行けたし、納車のついででしたが「松本」や「トヨタ博物館」にも行けたし、還暦を超えた自分にしたら悲観的に言うわけではないが、今まで生きてきた人生より残りの時間の方が確実に短い訳だから、やり残したこと・・・と言うか、やりたいこと、欲しいもの、行きたいとこ、少しずつ制覇できたことですね。

×は、在庫車両が増えれば見に来てくださる御客様が増える。有り難い連鎖ではありますが"客として・・・いや、人としてどうなの?"と思えるような輩(やから)と接点を持つというか、持たざるを得ないというか、"猫をかぶっていて"豹変するような事態になりまして、実被害額が出てしまった事でしょうか。それが今年は多かった・・・・台数が伸びれば僅かな数ではあるが比率的に混じってしまうのは仕方ない事なのでしょうか・・・・・

下取りで入れた車両が"税金滞納で差し押さえ車両"に始まり、御注文をいただき探していたら、すでに他店で購入(ある意味、これはこれで仕方がない)・・・あるいはキャンセルで代車代も貰えない・・・・価格を抑えたいと現状販売を希望したのに後々クレーム・・・・この全てのケースに言えることは、購入希望者の予算不足、知識不足、常識不足。税金滞納のケースは強く抗議して返品となりましたが他は泣き寝入り。輩であっても消費者優遇な訳でヤレヤレ

自分も車好き、御客さんも車好き、そんな人に納めるときは採算度外視で商売する訳で、先日納車した赤いボクスターなんぞ、納車整備と車検で38万円!掛った訳ですが、御客様から頂いた金額は半分以下!想定外の整備分は当社持ち出し!これで3台めのお取引となったリピーター氏の信頼を裏切らない事、その笑顔を見たいからなんですが、逆に怪しい輩には"やんわり接して帰っていただこう"と思います(笑)

全体的に顧みれば良い年だったと思います。来年はいよいよ創業19周年目(節目では無いな)に入りまして、本当の意味では平成最後の年?、ツーリングを行い・・・出来れば1泊でのツーリングなんて事も過っております。長らくシンボル的存在だった「オペル・GT1900」が嫁ぎまして、何かシンボル的な1台を入れたいと考えております。その昔「TVR・タスカン」「アルファ・SZ」が鎮座していたわけですから、「ギブリ」「エリーゼ」「スピダー」ではちょっと弱いかと・・・・馬や牛のマークが良いけれど、そこはね・・・・

来年は、1月4日より営業を始めます。本年はありがとうございました。皆様方、良いお年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願いいたします。

2018年12月21日

★ トヨタ博物館に行ってきました ★

ここの所、めちゃくちゃ忙しい!ほぼほぼ休み無でございます。車検の依頼と整備依頼が相次ぎ、販売した車両の車検受けから納車整備、名義変更に納車と多義に渡ります。19日から20日にかけて「スマート」の納車で名古屋まで行ってきました。(年末の為に陸送業者が間に合わない為)

せっかく名古屋まで行くなら、ここの所無休であったから、何度もチャンスを潰した「トヨタ博物館」に行こうと、1泊での納車となりました。乗り鉄的には「リニモ」にも乗れましたし、博物館所有の展示車両のコンディションの良さは、流石にトヨタと思わずにいられませんでした。

全部見るには2日は掛かる・・・・なんて噂を聞いていたんですが、所有車は500台を超えるそうですが公開されているのは、ほんの一部と言う事なんでしょう2時間あれば十分廻れました。平日でもあり開館間もなくの入場でしたので、隈なく鑑賞する事が出来ました。

「AA型セダン」に始まり、「オースチン」「シトロエン・11CV」やら、「ロールス・ファンタム」「タッカー」、まだ路上で見かける「ジュリア・クーペ」「初代プリウス」。名車の誉が高い「TOYOTA・2000GT」「ジャガー・SS100」「ロータス・エリート」・・・・本当に濃い内容でした。

トヨタ車は一番似合う?と言うかカタログカラーなんですが、他メーカー車両は何故か?のカラーリング。例えば「NA・ロードスター」はマリーナブルー(ここは赤かグリーンでしょ)、「FERRARI・512BB」はシルバー。売れに売れた「FF・ファミリア」も何故かのシルバー

初代クラウンは定番の黒でレストアされ、純白とレコードカー色の「2000GT」は4台も展示!「初代セリカ」はイエローの「GT」、「S800」は赤・・・・・他社の車両も定番だよねと思われたのは、「初代コスモ」の白の他、数えるほどと思ったのは僕だけかな・・・・まあ、それでも大満足でした。

さぼって更新しないうちに入庫したニューカマーは、「ロータス・エリーゼ」「ルーテシア・スポール・シャーシカップ」「デ・カングー・マニュアル」「アルファロメオ・ミト・クワドリフォリオ」順次、ネットアップしていきます。「オペル・GT1900」は遂に嫁ぎ先が決まりました!長かったなぁ・・・・

本年の営業は28日までの予定です。26日は定休日の為、休ませていただきます。新年は4日からの営業となります。本年も残り1週間、御来店お待ちいたしております。

2018年12月11日

★ オートバックスの点検って ★

霜が降りまして、めっきり寒くなった茨城です。スタッドレスタイヤに履き替える相談電話が朝から掛かってきます。年に1度か2度しか雪が降らない地方ですが、皆さん過敏になりますからね。履き替えだけなら当社で交換をしてあげても良いんですが、どうしても無料になりますし、そうしたらシーズン毎に凄い台数・・・・営業にも影響が出そうですので基本的には「カー用品店」さんをお薦めすることになります。修理工場さんを紹介したら、それはそれで、あちらも対応に時間が掛かることになりますからね。

先日、「スマート・mhd」を販売させていただいた年配の女性オーナー様からSOS。聞いてみると『スーパーオートバックスさんで6か月点検を受けたら、オイル漏れを指摘されて修理して欲しい・・・』との事。はい、そんな事から朝飯前?で「お受けしますので、乗って来てください」と対応したんですが、「オートバックス」さんの見積書を見て驚きを超えて、エエエエ!!!・・・・

その内容は「左デフオイルシール前部に漏れ、上記に関してはディーラー様で修理した後に法定12か月点検になります。又、必ず修理明細書を確認します。明細が無い場合は修理されていないものとみなし、作業はお受けできませんのでご了承ください」との記載されております。はて?なんのこっちゃ?不良個所を見つけて、有れば修理するための「法定点検」のはず。

簡単に書くと"見たらオイル漏れが見つかったけど、自分の所では修理できないから、ディーラーで修理した後で持ってきたら点検してやるぜ"と言うことです。修理も出来ないくせに「12か月法定点検」をやって・・・と言っても"見るだけ"で8640円を取るなんて、なんてアコギな商売なんじゃ!!(今回は無料だったそうですが、見積もりには8640円と書かれておりました。もし漏れが無ければ、見ただけで取られた費用です)

修理が出来ないなら、部品の販売とオイル交換やタイヤの履き替えだけやってろ!不安になったオーナー様に御説明させていただき、車両をお預かりしまして名人の下で修理をすることになりました。オーナー様は『良かった!もう大きいからって、スーパーオートバックスさんには行かない、近所の「車検のコバック」に頼むわ・・・』だそうです(笑) ヤレヤレ・・・・

昨日、「DS3・スポーツシック」がゼロ陸送のローダーに乗って、愛媛県の新しいオーナー様の所へ旅立ちました。遠方の納車の場合は"いつもより、さらに、さらに、細部まで〜〜点検しておりま〜〜す"と言うことで、車検取得するまでの総額は、214600円也!車両本体・69万円のクルマで、車検2年付きで愛媛県までの納車費用から名義変更費用に税金、(車検に214600円、陸送に77000円(税別)・・・・・)を全て含んで、90万円!どうですか?これが"FIORANO品質"。遠方の方も安心してお任せください。

「アルファ・スパイダー・3.2」と「スマート・アヴェンタドールカラー」御成約いただきました!年内納車に向けて希望ナンバーを手配したり、急ピッチで作業をしておりますので、今しばらくお待ちください。今年も残り20日となりました。年内に・・・とお考えの貴方、まだ間に合いますので、お急ぎくださいませ。お待ちしております。

2018年12月05日

★ 小旅行に行ってきました ★

先日は個人的に連休をいただきまして、夫婦で1泊の小旅行に行ってきました。「出雲大社」へ行きたい・・・と願っておりましたが日程的に1泊2日では寂しすぎて、「男の隠れ家」1月号を購入して色々と物色して、背表紙のCMにあった「伊豆稲取温泉・浜の湯」さんに予約を入れました。決め手は夕日が沈む露天風呂の写真と、"食べるお宿"のキャッチコピーに「朝食部門・夕食部門で静岡県第1位」と事。期待を胸に出発しました。

日曜日の朝、9時過ぎに家を出まして常磐道から首都高速、東名に向かうルート選択です。圏央道はここの所、事故渋滞が続きまして交互通行区間が多くて、時間が読めない状態が続いていますのであえての王道で箱根を目指します。久しぶりの日曜日の高速は上りと言うこともありガラガラ!予定より早く用賀に到着。順調に進み「海老名SA」で小休息し「三島スカイウォーク」を目指します。

「小田原厚木道路」に入ると走行スピードがみなさんスローになる。流石に有名な取り締まりポイントですから・・・と思っていたら、すでに路肩に赤色灯を回した黒いクラウンが獲物をゲット!しておりました。ナビの御勧め進路は「箱根新道」ですが、ここは迷わずに「ターンパイク」に入りまして、15.752mの至福の時間を堪能することにします。

愛車「C32・AMG」にとって一般道や高速道路のクルージングだけでは、353馬力を誇るエンジンが余裕がありすぎて持て余し気味ですから、料金所を超えて長く伸びる登りのストレートで右足に力を込めると、FRらしい押されるような強力な加速感をシートで感じつつ余裕で急勾配を登り、高速コーナーも「ミシュラン・パイロットスポーツ」を泣かせることも無く、ステアリングの切れ込み通りに綺麗にトレースしていきます。

「ターンパイク」のような景色を堪能するとは別次元のスポーツ道路?には、ハイパワー車は打ってつけですね。春秋の景色の良い期間は"一般車"も紛れておりますが、紅葉も終盤であり「観光バス」も皆無なこの時期の日曜日は、まさに"走り屋さんたちの聖地"として、途中のパーキングゾーンには、「E30・M3」と「デルタ・インテグラーレ」が。次のPでは「ND・ロードスター」のグループが小休止をしておりました。下ってきた車たちも「991・ターボ」「ロータス・エリーゼ」「スーパーセヴン」と生粋のスポーツカーがほとんどです。

バンク傾斜の付いた登りの追い越し車線を兼ねた2車線区間の高速コーナー(本当は、ただの急カーブ?)ですれ違う際も、「アルファード」や「セレナ」などのサンデードライバーが居ないこともあり安全そのもの。車好きで運転が好きなら是非ともターンパイク・デビューを果たしてください。頂上の「大観山」のパーキングには沢山の大型バイクの他に「フェアレディZ」「GT−R」やら「348TB」「ボクスター」他、生粋のスポーツカーが羽を休めておりました。

ターンパイクから国道1号線に向かい、お目当ての「スカイウォーク」に到着。日本一の吊り橋からの景観は素晴らしく、残念ながら雲がかかり富士山は見えませんでしたが大満足です。「セグウェイ」や「ロングジップ・アドベンチャー」など経験してみたい思い満点でしたが、妻から「歳なんだから・・」の一言で我に返りまして(笑) 名物の「三島コロッケ」と「いちご大福」を食べて宿を目指すことにしました。

1号線を戻り県道20号線から「十国峠」をへて「伊豆スカイライン」に入ります。晴れ間が見えてきて待望の富士山を横に見ながらアップダウンの続くタイトコーナーを走ります。道幅が狭い・・・というより路肩部分が少ないために狭く感じるのでしょうが、交通量が少なく気持ちよく駆け抜けて、途中の古民家の蕎麦屋さんで遅いランチを取り国道135号線に入り、海を左手に見ながらのドライブです。

午後3時過ぎ、予定より少し早く「浜の湯」さんに到着です。夕食は6時半からの部屋食なので、屋上にある「展望露天風呂」でゆっくりすることにします。雲が多めで残念ながら美しい夕日は拝めませんでしたが、相模湾の雄大な水平線を目の前にして少し寒い海風を浴びながら、温泉に浸かる・・・・・何という贅沢なんだろう。ちょっと長風呂しちゃいました。

夕食は伊勢海老、サザエなどの船盛、アワビ踊り焼き、金目鯛の煮つけ・・・・もう2人では食べきれないほど!『お昼は軽く食べて来てください・・』と言われたのはこう言うことか。朝食も朝からお刺身船盛!金目鯛のお茶漬け、アワビの肝のあんかけ、アジの開き・・・・「うちの宿は"お昼いらず"なほどの朝食なんですよ・・・」と言われたが本当だな・・・大満足のうちに9時半過ぎに宿を出まして、「河津七滝」を目指します。

ここの所毎年訪れている「河津さくら」の見物ですが、「七滝」は初めてで有名な「ループ僑」の近くです・・・・と書きましたが、本当は「河津七滝ループ僑」なんだそうな。昨日寄った観光スポットは混雑しておりましたが、今日は平日の月曜日のために外国人観光客のツアーを除けば、ほぼガラガラ状態。「七滝」はまあまあの景観でした。滝への途中に喫茶を発見!「帰れマンデー」でサンドイッチマンが訪れた「ひぐらし」さん。

急な石段を登り古民家を訪問・・・昨日の古民家の「お蕎麦屋さん」が綺麗で凄く良かったのですが・・・・・ここは、僕的にはギリギリな感じで・・・・表現に・・・書くことを躊躇します。いただいた「ぜんざい」は大変美味でございましたが、神経質な方はやめた方がよろしいかと・・・・ここから「天城越え道の駅」に立ち寄り「浄蓮の滝」に向かいました。(道の駅の"本わさびソフト"美味です)

何度も立ち寄った事のある「浄蓮の滝」ではありますが、御土産の「わさび」購入目的もあり長い石段を下る・・・・ここで一発見!手をつないで降りるのは若い恋人同士か、"訳アリのカップル"(笑)、もしくは"要介護"な方で、普通の夫婦は並ばずに前後で降りていくんですね〜〜〜。これ読んでいる"訳アリの方""オフホワイトの諸君"参考にしてくださいね。ばれないようにね(笑)

東名沼津インターから首都高速に向かい、あっと言う間の2日間の旅も終わりました。十分の休息を取ることが出来まして大満足なんですが、普段の運動不足がたたりまして、本日も「ふくらはぎ」がパンパンなのでございます。今年の営業も残り20日ほどですから、頑張らないといけません!車検や整備の依頼も多数あり、名義変更も・・・・昨日も「アウトランダー」「タント」納車させていただきました。「赤い・ボクスター」御成約いただきました!明日からも頑張ります〜〜〜



2018年11月29日

★ 今日から俺は & カンチョウ巻きって ★

ここの所、数字上は週2台御成約いただいて営業目標はクリアしている感じなのですが、何とも物足りないというかモヤモヤ感が募るのでございます。有り難い事に直近の御契約4台は御注文車両でして、在庫車両の動きが無いことがモヤモヤの原因なんですな・・・まあ、何とも贅沢な悩みとでも言えますが、満を持して入れた在庫がバンバン回ってくれたら嬉しいのですけどね。

日曜の夜のお楽しみTV「今日から俺は・・」に只今ドップリと夫婦ではまっております(笑) バブル時代の"つっぱり"が主人公のギャグ系のドラマですが、決してヤンキーでは無かった僕ら夫婦ですが、「ああ!こんな奴いたね・・」とか「制服の下に白いハイネックシャツ!いたいた」なんて、当時を懐かしむように見ております。

特に今井君のファンになりつつありまして、演者の俳優「太賀」が素晴らしいのであります。若いのに表情豊かで演技力?も存在感もハンパねえ感じです。よくよく調べてみれば「中野英雄」さんの次男だとか。父譲りの演技力だったのですね。一時、地上波テレビがつまらなくて、BSやらCSに振った時期もありましたが、最近は企画物もバラエティ、ドラマと面白い番組が目白押しな感じがします。

安定的に面白い「相棒」や、「リーガルV」「スーツ」「獣になれない私たち」「大恋愛」とか、「帰れマンデー」「ポツンと一軒家」「イッテQ」「たいむとんねる」「池の水抜いてみました」「充電させてください」・・・・もう本当に俺ってテレビっ子なのであります。ヤラセとか色々ありますが、面白いものを作ろうという心意気は伝わってきますね。うちの息子もそうなんですが、テレビを全く見ない世代もある訳で、クルマを運転しない若者といい、それらの世代をいかに取り込むかが当社を含めて大人世代の課題なのだと思います。

昨日の定休日は孫を連れて「くら寿司」に行きまして、タッチパネルで注文しようとすると、「かっぱ巻き」「納豆巻き」「ネギトロ巻き」はあっても、大好物の「かんぴょう巻き」が一覧に無いのであります。「ゆいちゃん。「かんぴょう巻き」ないみたいなので「納豆」でいい?」と聞きましたところ、目から大粒の涙を流して『かんちょう巻きじゃなきゃ、嫌だ〜〜〜』と絶唱するのであります。かんぴょうではなく、か・ん・ちょ・う!!(汗)それも大声で連呼・・・

店員さんを呼んで聞いてみると「メニューの18番にあります・・・」との事。はて?何故に「かんぴょう巻き」だけ他の巻物と別のページなのだ?、さらにデザートのかき氷も「イチゴ」「イチゴ練乳」「ホイップ・いちご練乳」も同値段ながら、これまた、「ホイップ・いちご練乳」のみ別ページ!おかげで違うものを注文してしまった・・・・原価率の高いものを注文させない魂胆なのだろうか・・・・こればかりは解りませんけどね。

大雪道での"絶対チェーン規制"の法案が施工されたようで、スタッドレスを履いた上にチェーンを付けるとか・・・このご時世で、特に雪国のカー用品店でさえ「チェーン」など売っていないのであります。それに若い世代にしたらタイヤ交換さえ「JAF」を呼ぶ始末なのだから、どれだけの人が「チェーン」を付けられと思っているのだろう・・・・幹線道路の「チェーン脱着場所」もあるにはあるが、絶対的にスペース不足は否めないし

「チェーン脱着所」入場のための大渋滞が見えてくる感じだね。こんな"くそ法案"出した奴は現状を分かっていないんだろうね。ぬくぬくとしたオフィスで提案された条例が現場に合わないと認識されるまでには、一冬越さなければ成らないのだろうね。官僚たちと違って、うちのような小さな中古車屋も現実を注視した品ぞろえを目指さなきゃ、淘汰されてしまいますので現実を知るためのアンテナは常に張っております。「DS3」グレー 只今商談中!となりました(ほぼ御成約で遠方の為、御契約書が届き次第ネットから落とします) 

2018年11月26日

★ 週末は納車ラッシュ 次期愛車を夢想する ★

先週の3連休は「モンディアル」に続いて2台の「パサート・ヴァリアント」と、「DS3・デビューセリ」の納車がありました。置き場に少し余裕が・・・と行きたい所ですが、御注文車両の「ダイハツ・タント」と「三菱・アウトランダー」が入ってきまして、まだまだ余裕がない置き場です。広〜〜い空地を裏に所有しておりますので、そこもストックヤードにすれば100台ぐらいは軽いのですが、そんな事していたら歯止めがききませんので自制中です(笑)

めっきりと朝晩が冷え込んできまして、数日前から店舗のエアコンは暖房に代わりました。居間もホットカーペットに暖房となりまして、日中でさえ洗車の水が冷たくて・・・・・全ての車を屋内に保管したいなぁ〜〜なんて妄想を抱いてしまいます。悲願?である「出雲大社」への旅行は、どうにもこうにも日程と交通手段の鬩ぎあい。

「新幹線」or「サンライズ出雲」か「飛行機」かと言う選択なのですが,どうやら往路・羽田から飛行機で復路・サンライズと言うプランが見つかりました!これで行くか・・・・費用も掛かりますので踏ん切りがつきません。

でもね、長い人生の途中で(と言いつつも十分に終盤なのは重々承知)休息も大事な訳だし、もう少し余裕ある人生を歩みたいと思うこの頃なのです。週末に当社に集う"若者たち"を見るにつけ、過ぎ去った昔を懐かしむだけではいけませんからね。お陰様で後継者も順調に育っておりますので、数日間の御休みはとりやすい状況ですので、出雲大社に限らずちょっと気分転換の旅に出ようと思います。

昨今のヒストリックカー熱のヒート率は凄い事になって、「ジャガー」が限定で「Eタイプ」を復刻に始まり、「ポルシェ」の「空冷・911ターボ」を1台のみ再生産、そして今度は「デルタ・インテグラーレ」を20台のみレストア販売(ランチア本社ではなく別会社の用ですが)しかも、3800万円!すでに15台は完売とか・・・・・「ロードスター・NA」「NSX」のメーカー・レストアの動きも同じ流れですね。

新車価格を優に超えて業者オークションで落札されていく「34・GTR」や「RX−7」。ちょっと前まで手が届くところにいた憧れの車たちが、わずかな毎月の貯金のスピードでは追い付かないほど高速で、手の届かない存在になっていく現実。なんだかなぁ〜〜と思うのは売る側も同じ気持ちです。

個人的には光岡自動車の「ロックスター」が何とも気になる存在。現実に戻れば、いくら良く出来ていても「レプリカ」に払う額ではないような・・・・それでも悩ましい存在であることには変わりません。現在のマイカーは「テスタロッサ」と「C32・AMG」何の不満も無い組み合わせなんですが、

ずっう〜とこの組み合わせですので、何か欲しい病が時折発病する訳で、妻の「パジェロ・ミニ」も間もなく10万キロを超えそう・・・これは「ジムニー・シエラ」がいいなぁ・・・と勝手に思うんですが、自分の事となれば・・・・・難しいね。夢想している今が一番楽しいのですけどね。


2018年11月23日

★ モンディアル納車 ★

久しぶりの5時半起床、連休で混むであろうと予測をして早起きで納車です。向うは茅ヶ崎!車はフェラーリ!何とも素晴らしい組み合わせ。薄暗いガレージからクゥ〜〜ンという乾いたセルモーターの音の後に、バヴォ、グォグオ!!!!と爆音を伴い目覚めたV8・32バルヴユニット。冷え切った外気温ゆえに4本のマフラーからは真っ白な排気ガスを猛もうと輩出している。

リトラクタブルライトを持ち上げて丸いテールレンズのハザードが点滅して待機していると、東の空が白み始めダークブルーのボディにオレンジ色の光が注ぎ始めた。1985年製、33年目の冬の朝。未だに色あせない美しいプロポーション。第一線の高性能と人を引き付ける魔力、これこそスーパーカーなんだと思う。

そう言えば前日の夕方にガソリン補給の為にスタンドに行くと、80歳を優に超えた老人から『これ、フェラーリだろ?エンジン見せてくれないか・・』とリクエストされた。この御人の"エンジン見せて"が凄いよね!普通の年寄りならフェラーリも知らないはずだろうし、"外車"と言うだけで「これいくらする?」と価格を尋ねられるのが普通だと思うんだ。

さらにエンジンルームを見て『永井電子のプラグコードだね、これが一番いいよね』ナント!自分の想像を超える言葉を聞きました。(この親父やるな!)、さらに『20年ぐらい前に、俺も「モーデナ」を買おうと思ったんだよ、4人乗りでさ、830万と言われたが、800万なら買ってやる!と言ったら、フェラーリは値引きして売る物では無い!なんて言うからさ、頭にきて買わなかったんだ・・・』

んん?"モーデナ"・・・4人乗り・・・・おそらく「モンディアル」。「親父さん、きっとこれと同じクルマですよ、買い損ねたのは」と言うと、『おお、そうか、赤いクルマだったんだよ、紺もカッコいいね!いいもの見せてくれてありがとう』と言うと、ボロボロの「ワゴンR」に乗って帰って行った。素敵な爺さんに心がほろっときました。

エンジンが温まり、マフラーからの白煙も治まり、6時15分、常磐道の谷和原インターを目指す。守谷サービスエリアまでの御伴はSさんの「512TR」。検めて後方から見る「TR」の姿は、いまや幅が2mに届かんとするクルマは普通にあるが、このクルマほどワイドな他を圧倒する存在感は無いだろう。僅かな夢のようなランデブーを堪能し、一人首都高速にノーズを向ける。

6号向島線に入ると交通量が増えスローダウン。環状線に合流し「浜崎橋ジャンクション」のブラッドオレンジのような路面と、アップダウンとショートコーナーの連続を3速、4速でクリアしていく。何と言えないような緊張感と人馬一体の快感!「湾岸ミッドナイト」の世界観がここにはある(笑)

水温計、油温計、異常なし!大切な御客様に納車するのだから、4500rpmまでに抑えたアクセルワークと、クラッチやブレーキに負担を掛けないような運転に注視し、不慮の事故はもちろんだが、小さな飛び石にも気を使う。こんな楽しいクルマだと自制心を保つのに苦労してしまうのだ。

快調に進み東名高速入口まで1時間15分で到着。ほぼ想定通り、しかし、ここで問題発生!用賀料金所を超えた所で事故渋滞で流れが完全に止まる・・・掲示板では海老名まで100分!の表示。大渋滞で33歳のフェラーリは大丈夫か・・・・20分掛けて「東名川崎」に到着、予定変更でここから降りて迂回をする事に・・・・

しかし、御客様宅は比較的わかりやすい場所だったので、ポータブルナビを持たずに来た事を少し後悔。まあ、それでも、そこはね長年の感というか表示板を頼りに初めての道を進むと、中原街道、第三京浜、都筑インターと聞き馴染みのある地名を頼りにノーズを向けて、横浜新道に入り国道一号線から茅ヶ崎を目指す。

ここで想定外の横浜新道・国道1号線、大渋滞・・・こんな大渋滞の中を運転したのは記憶に無いほどだ。救いは「モンディアル」が絶好調!アイドリングも崩らず1000rpmを保ち、水温も90度前後で大きなブレが無い!普通なら40分程度の距離を4時間!掛けて"渋滞時のテスト"も兼ねてお届けする事が出来た。

ポルシェ・ターボやアルファスパイダー等をこよなく愛したオーナー氏のクルマを、元メカニックの新しいオーナーに引き継ぐ事が出来た。歴代オーナーがしっかり整備してきた名車は、これからも大切にされ、新たな夢と思い出を作り続けてくれるだろう。


2018年11月21日

★ ガラケーが壊れた & 名刺をモデルチェンジ ★

ショッピングセンターのBGMがクリスマスソングになっていました!年末商戦なんだろうが年末が近づいてきた事を実感させられます。僕は「ガラケー」派なんですが、昨日ついに通話中に遮断する現象が2件ありました。これじゃ商売に影響しますので「ドコモショップ」へ向かいました。

受付で機種変更の為の来店を告げると、当然のように「スマートフォン」の見本を出してきました。「ガラケーが欲しいんですが・・・」すると店員は、『え!もうガラケーの販売は終了しました。"ガラホ"ならございます・・・』え〜〜〜〜ガラケーってもう無いの!こっちの方が驚きです。

何とかならないか話を詰めると、『御客様は保険に加入されていますので、5400円の御負担で新しいガラケーと交換できます』だそうです。新たに販売するガラケーは無くても、保険対応の交換用は在庫しているそうな・・・・同じものが良かったのですが、"あまりに旧すぎて"2モデル新しいものになりました。メーカーも変わりまして使い勝手がまだ良く有りません。慣れないとね。

これで5年ぐらいは通せると思うんですが、いつシステムの都合でガラケーの通信は出来ません・・・なんて事が起こる可能性もありますね。まあ、その頃には第一線を退いているのでしょうか・・・なんか、スマホを持つ自分が想像できません。意外と保守的な・・・と言うか時代遅れの親父なんです(笑)

年末調整とか税務署から申告用紙が送られてきました。税理士さん任せなので心配ないのですが、『備品が必用であれば経費で落としますので、年内に発注してください・・・』との事。2年前の12月に新しいデザインに変更した当社オリジナルキーホルダーも、在庫がそろそろ底をつきそうなので200個発注しました。ついでにビニール製の在庫車用のキーホルダーも発注。

名刺も残り1箱を切りましたので、5箱を発注して即日作成していただきました。このデザインは僕のオリジナルデザインなんです(学生時代の夢はデザイナーだったんです) 今回作成したのは画像の上の物です。ブランドマークを入れ替えました。取り扱いの増えた「ルノー」「アバルト」「シトロエン」「ポルシェ」を入れて、「アルファロメオ」「アウディ」「BMW」が消えました。

500枚使い切るには2年後かも知れませんが、その時に"跳ね馬"のマークを印刷で来たらカッコ良いんですけどね・・・・・あまり見栄っ張り風の名刺は出すのを躊躇しそうですので、今回も「ポルシェ」は少しだけ迷いがあったんですが、現実に扱い数が増えているので自信をもって?掲載です

2018年11月18日

★ 2台のヴァリアント 御注文有難うございます ★

今週も終わってしまいました。(本来は日曜日が週の始まりではありますが) 割と静かな週末となりましてホットな商談は無し・・・・しかし、御注文いただき1週間で落札!した車両の御契約をいただきました!しかも同じクルマを2台!同時購入の稀に見る太っ腹!(社用車という事です)

御注文いただいたのは先代の「パサート・ヴァリアント」。御予算は2台で総額300万以内、"修復歴の無いホワイトでナビTVにバックカメラ、ETC、スタッドレスタイヤ+純正アルミのセット付で"と言うものでした。

落札したのは27年登録のディーラー車、Rライン、車検は32年4月!走行69700km!と、24年登録のディーラー車、コンフォートライン、車検31年2月、走行59000km。どちらもフル装備!これにスタッドレスタイヤと純正アルミのセットを2つ揃えて、何とか予算内で納めさせていただきます。本日現車の確認でしたが試乗もせずに即決でございます。

初めての御取引となりますが信頼いただき本当にありがとうございます。N社長の信頼を裏切らない様に各部点検の上、来週末を目標に綺麗に仕上げて納車させていただきます。来週は連休が有りますので急ピッチの作業になりそうですね。「モンディアル」と「DS3」の納車も有りますので、粛々と作業を進めてまいります。

商品車へ仕上げようと整備してきた千葉から下取した「BMW・Z4」は、当社で販売する水準にまで達する事が出来ず、整備代を無駄にしましたが本日オークションへ搬入しました。ロープライス店の店頭に並ぶんだろうな・・・・綺麗な決まったオープンカーです!なんてね。少しでも高く売れますようにと内外装のクリーニングを行いました。

ここの所、凄く忙しい!・・・・ではありませんが、何となく疲労困憊。来月は少しだけ休みを取ろうかと思案中。今月も後半戦です気持ち良く休むためにも、注文いただいている軽自動車を探さないとね!

2018年11月13日

★ 売りっぱなしじゃありません・・・・プレミアム納車?いたします ★

先週末はグーネットの"来店予約"から御来店いただいたお客様に、「シトロエン・DS3・デビューセリ」御契約いただきました。来店予約をいただいて御来店いただく御客様の成約率ったら90%を超えます!凄い事ですね。御予約当日の午前中にご来店された別の御客様も、この「DS3」を購入希望!重なる時は重なるものです・・・・

午後3時の御予約者の御来店と結果を待つとの事で、数時間待っていただきましたが・・・・・・御予約の御客様優先とさせていただきました。事前御連絡をいただけると優先でお待ちしますので、よろしくお願いいたします。

「黒のボクスター」への来店予約の御客様は、『ローンでお願いするね』『明日行くよ・・・』『あと1時間後に電車に乗るから・・・』と、電話をいただきましたが、結局現れず(ヤレヤレ‥)。「スマート」を購入予定で御来店いただいた御客様はローン審査が通らず・・・・まあ、こればかりは仕方ありませんが

先週、御子息と御来店いただき、「ルノー・ルーテシア・RS」と「アバルト・プントエヴォ」を試乗したお客様は、『大変気に入りました!甲乙告げがたく、後は"嫁"の許可だけなので・・・』との事。1週間経過したので、こちらから御電話すると『ああ、左ハンドルがねぇ・・・』との事。それなら右のルノーはどうですか?と尋ねると『マニュアルがダメで・・・』のらりくらりと返事。結局、この方は"試乗マニア"だったようです。

まあ、長年の経験から"だろうな"とは薄々感じてはおりましたが、"欲しいけどローンが通らない人"と"買う気は無いけど、あるいは買えないけど試乗しちゃおう"では、どちらも商売に直接は繋がりませんので結果は同じでも、将来を見たら全然違いますからね。(リピーターさんなら試乗も大歓迎ですが)きっちりと"あるリスト"に載せておきましょう。

と言うことで先週末は1台のみの御成約。新規在庫登録が4台載せて只今のグーネット掲載数29台(残り1台枠)となりました。車検でお預かりした「バルケッタ」を納車して、先月納車したグレーの「アバルト・500」の御客様から、時折連続的な金属音が聞こえる・・・と言うことで御預かり(ただし、常にでは無いので現時点では無音)。「ボクスター・銀」もATチェックが点灯したとの事で御預かり(ただし、こちらも1度だけで現在は問題なし)

両車両とも途中で停止したりなんて案件ではなく、普通に走ることが出来ますので、突発的なことなんでしょうが粛々と原因を究明して安心して乗れるように整備点検いたします。決して"売りっぱなし"にはいたしません。これが起業19年、販売総数2000台以上の誇りです。

新規の御客様が御来店下さり「VW」の御注文をいただきました。車種とグレード・仕様・御予算・・・・とお伺いすると『あとは任せますのでよろしく・・』との事。信頼されて本当にありがたく思います。輸入車の場合、ほぼ半数近くが「東京」「横浜」近辺のオークション会場で出品されます。(「神戸」「名古屋」を含めれば80%になるでしょう)

注文車の場合どんなに評価点が高くても現車確認の上で応札の判断をします。出品票をうのみにして"御自宅で応札"なんて能天気なこと絶対にしません(見ても解らない無能なブローカーは別です) 例えどんなに高年式であろうと新車じゃないんですからね。

"新車価格259万の「ルーテシアGT」4年落ちで200万前半で売ります・・・"なんて、狂った事言いません(笑) 僕なら、そういう場合は新車をお勧めします(御客様ファーストで)。 関東中部のオークションで落札して東北に運び、埼玉越谷に納車して(往復の陸送費も馬鹿になりません)、納車後に強制の接待訪問!なんて・・・・真面目にやっている同業者は驚きを超えて、"関わらないほうが良いよ"と話のネタにしております(笑)。そんなブローカーに負けないように「プレミアム納車」?いたします




戻る
次へ