過去ログ

2018年10月28日

★ ダンディズムに嫉妬 ★

先月、先々月と前年割れで不調な営業成績でございましたが、今月は御陰様で無事に回復いたしました。グーネットのアクセス数解析を見ても同規模他社比較で、アクセス数3倍!問い合わせ数も150%と群を抜いております。が、成約数は至って平年並みなのですがね。それでもホッとするのが経営者でございます。

昨日は「ボクスター」と「アバルト・500」の納車引き渡しがございまして、無事に納車完了・・・の筈でしたが、「アバルト」のETCが作動しない事態となってしまいました。ちょっと多めの走行距離でして、リピーター様の甥っ子(19歳)が乗ると言う事、初めてのマイカー、初めての左ハンドル、初めてのマニュアルシフト・・・と初めてづくしなもので通常以上の整備をさせていただきました。

ブレーキローターからフィルター類全ての消耗品、ローダウンされていた関係で擦った形跡のあるマフラーセンターパイプまで交換し、通常の倍の金額を掛けて(御存知のように追加料金なし!の漢気納車)いたのに、前のオーナー氏も当社の御客様である事で安心していて見過ごしてしまいました。反省です。

その昔、御注文販売で「アルファ147」を納車させていただいた御客様が、御友人を連なりまして御来店いただきました。御友人の退職後の足を兼ねた趣味車を御探しとか(現在の趣味車はケーターハムを保有)、興味の「アバルト・500」に試乗いただきましたが、ただ今結果は保留中。憧れだけではクルマの特性などは判りませんので、乗った印象は「キビキビ感が凄くいい!・・だけど足が堅いかな・・・」

ちょうど多数の来店者と重なりまして多くお話は出来ませんでしたが、「ローバー・ミニ」「FIAT・500」も視野に入れて検討中との事で、現在の足車の軽自動車の車検残も有る事ですし、冷静に判断していただきたいと思います。いつでも"お取り寄せ"いたしますのでお待ちしております。

「なんで安いの・・」とか「いやぁ〜綺麗ですね」「凄い加速!いいなぁ〜」と感嘆符を言われる御客様が多い、「マセラティ・3200GT」ですが先日御来店いただいた紳士に少しカルチャーショック。最新の「ボルボ」のディーゼルに乗って御来店。歳の頃は同年代ですが長身で実にスマート。一枚革仕立て?のようなブルーのシューズに上質なスラックス、これまた上質な薄手のセーターをサラッと着こなす「マセラティ」に相応しいいでたち。

それに比べてオイラときたら、ファストファッションの安物ばかり、裾野擦り切れたスラックスに履きつぶされたスニーカー・・・・妻も「カッコいい人だったよね。歳を取ったら身だしなみは大事、センスの良い上質な物を身に付けないとね・・・」確かにね。見習いたいけど、その資質は持ち合わせていない模様(笑) 今さらファッション誌を買うのも勇気がいる訳で。ちょっくら「アウトレット」でも行って見ましょうか。

2018年10月25日

★ 他で節約してよ & 釈放されたジャーナリストに思う事 ★

昨日の定休日は親孝行を兼ねて恒例の袋田(大子町)まで「りんご狩り」に行ってきました。今年は台風被害もなく豊作だとか紅葉には3週間ほど早かったようですが、青空の下へ母親を連れ出せて喜んで貰えただけでも良かった良かった。年々足腰の弱さと、記憶力の低下、仕方ない事ですが少しでも元気に長生きして欲しいと思うこの頃です。

今回は年寄が同乗しているのでコーナーの少ない高速道路優先の道順を選択、ドライビングが楽しく近道?と言われた「ビーフライン」を封印しても、圏央道の開通と那珂から袋田方面への道路整備が進んだ事が幸いして、朝10時に出て道の駅でランチをして、「船納豆」で土産を買っても夕方の5時に楽々と帰れました。

充実した休日の翌日の本日は朝から土浦陸運局へ名義変更に向かいました。日本最大級のオークション開催日である木曜日は割と空いているんです。本日も駐車場は余裕があり代書屋さんもスイスイと書類作成が終わり窓口へ提出、「午後は春日部陸運局へ向かう予定だけど余裕だなぁ・・・」と思ったのもつかの間

窓口で大渋滞!原因は素人さんが書類の記入方法も係員に聞いている訳で、"御役所職員の横柄な態度"なんてSNSに挙げられるのを嫌ってか?、作業中断して馬鹿丁寧に教えているんですね。僕らプロでさえ行政書士さんで作成しているんですよ!2600円の作成費用をケチって時間ロス。プロは皆さんイライラが積りもう〜〜と思った次の瞬間

ベテランの職員さんが早口で『ここにこうして・・・ここ実印、ここは旧所有者・・・あ、皆さん並んでいるんだから、あちら書いてきて。出来ない人は代書屋さんでお願いしますね』。これで複数の方が代書屋さんの方に向かいまして、スイスイと流れを取り戻しました。

陸運局で御自分で書類作成される方のほとんどが、御夫婦で来られていて奥様が書いている。判らない所を何度も尋ねるのも御婦人。普通の販売店やディーラーさんで購入したのならば御自分で書類作成なんて有りえない訳で、これほどの数の人が親族移転や友人から購入の筈も無くて、ネットオークションなんだろうかね・・・・書類作成位はプロに頼んで欲しいよね。節約は別所でして欲しいと思うんですけど。

同じ様な光景が春日部陸運局でも繰り広げられておりましたが、こちらも空いていたので午後4時前に全てを終わり帰社する事が出来ました。明日も土浦と野田で名義変更予定です。今月も残り少なくなりましたし納車に向けてピッチを上げて頑張ります!時間を見つけて新在庫のアップも行いたい所ですが、御成約分優先となりまして週末に何とか・・・・入庫しているのは2台の「DS3・スポーツシック」と「カングー・マニュアルシフト」です。

最新ニュースでシリアで拘束された安田純平さんが救出されましたね。本当に良かった!彼は英雄です!・・・・なんて僕は全く思いません!(また、A先生に怒られそうですが、本音で書きます) 危険地帯であり渡航禁止とされた所にジャーナリズム等と綺麗ごとで潜入した訳で、本音はパパラッチ同様の金儲けな訳で、成功していれば莫大な報酬を手に入れ、TV他のマスメディアの出演料だって凄い筈ですからね。

失敗したら日本政府は協力国や協力者への資金供与はこの方の生涯年収を軽く超えているだろうし、小さな地方都市の年間予算さえ超えているものと思う。この金は税金が原種であり納税者一人としたら許せない事だ。生きて帰れた事へは素直に良かったと思うのだが、英雄気取りで凱旋する姿に嫌悪感を感じるのは僕だけだろうか・・・・もう少し謙虚に詫びたらどうだろうか。


2018年10月22日

★ ボクスター入庫・・・・・・御成約いただきました ★

ポルシェ・ボクスター・987型 キャララホワイト オプションのスポーツパッケージ付きで、なんと6速マニュアルシフト!入庫です!・・・・しかし、速・御成約いただきました!木曜日に仕入れて青空を見計らって当日画像撮影、金曜日にアップしたら、土曜日の早朝にメール問い合わせが入り店を開ける前に返信して・・・・11時ごろにワンボックスカーが店先に停まりまして、僕と同年代のご夫婦が御来店いただきまして試乗後に即決いただきました!

メール問い合わせのお客様とは別の方でございます。メール問い合わせをいただいたお客様への返信メールの最後に、"他のお客様と商談中や御成約となってしまう可能性がございますので、お早目のご連絡をお願いいたします"と作文しているのですが、まさにこれが的中となりました。あんまり急かすような営業トーク的なワードは避けたい所ですが、得てしてこういうものですね。

先週末も沢山のお客様で大混雑?のフィオラーノでしたが、「アバルト・500(白)」と「ボクスター(銀)」の納車を滞りなく行いまして、「ボクスター(白)」と「パサート・ヴァリアントR36」の2台が御成約となりました!ありがとうございました。どちらも県内のお客様で、どちらのお客様も当社ユーザー様からの御紹介でございます。本当にありがたい事ですね。紹介者様の顔に泥塗ることが無いように、点検整備をさせていただき粛々と納車準備に入らせていただきました。

本日は前回ブログネタにしました「ローバー・ミニ」の納車で、千葉陸運局へ向かいまして午前の最終で登録後に午後一で納車させていただきました。帰路は"ホロの壊れたZ4"ですが降水確率0%の青空の元、一般道を快調に走ってきました。BMWの3000ccエンジンは本当に気持ちの良いフィーリングを持っていますね。常連のA先生が過走行のE46・330に心酔するのも解る気がしました。

助手席のドアのアクチュエーター不良、CDチェンジャー不良、純正ナビ不良、そして電動ホロ不良・・・・内外装は綺麗なんですが商品力はありません。名人の所に預けてきましてホロの作動は治るかどうか確認中で、外人バイヤーさん狙いでオークション行が濃厚なんですが、走りは抜群なので"そんなの関係ねえ"なんてワイルドな方居られましたら御連絡下さいませ。超〜〜格安(日本一?)にて御譲り致します。

それにしても千葉から50km以上の距離をオープンで乗ってきたわけですが、凄〜く気持ちいい!!こんな天候にはピッタリだね。その反面、平日の午後を外車のオープンカーで流しているわけですから、遅いランチでレストランから出てきた会社員のグループや、車庫の高いバスの乗客からの視線などは想像以上に感じるわけで、羨望の視線と軽蔑?の視線も混じったような・・・・それで、ほぼ飲まず食わずでドライビングに集中しちゃいました(笑)。でも、ちびっ子たちからは手を振られたり、かなり友好的ですよ。



2018年10月16日

★ Z4のその後・・・・ ★

この度、わが茨城県は"6年連続全国魅力度ランキングで最下位"を記録いたしました。6年も最下位が続くと下手にブービーを取るより凄い事なんじゃないかな? 「ひたち海浜公園」にガルパンの聖地「大洗」。「袋田の滝」や「筑波山」に「霞ヶ浦」そして「水戸黄門」「納豆」んんんんん?他に思いつかない・・・・・まあ、これが最下位の実力と言うことなんでしょう。でも、凄く住みやすいことは間違いなくて、近隣で都内へ行かなくとも全て用が足りる環境。これでいいのだ!と思います。

8月、9月と苦戦しておりましたが、10月になって復調の兆しが見えてまいりまして、今月後半に向けて納車ラッシュとなりそうです。19日に「DS3」、22日に「アバルト500(白)」、23日「ローバー・ミニ」、27日「アバルト500(グレー)」。まだまだ余裕がございますので、御検討中のお客様からの問い合わせをお待ちしております。

以前、入庫のみお知らせいたしました「BMW・Z4・35」ですが、色々とトラブルに巻き込まれまして結果的にはキャンセルとなりました。本音の所では大損が確定的でしたので助かりました。経緯を御説明しますと『3000のターボのZ4探してよ、入ったら買うからね・・・』との常連さんで長いお付き合いのK社長のご要望にお応えして落札してきました。

遠方のオークション会場でしたので「下見代行サービス」で、内外装から機関まで見ていただき『評価点通り(4.5B)で全く問題のない良い車ですよ』の御墨付の上で落札。搬出を陸送会社に依頼して到着を待つばかり・・・の筈でしたが、翌日、陸送会社より緊急電話が入りまして「エンジンが掛からない・・・」との事。一般的に言えば、ここでキャンセルが妥当と思われそうですが、プロの世界は簡単にキャンセルを認めてくれません。

たとえ不動状態であっても、ディーラーなり整備工場なりで診断を受けて原因究明の上に見積もりを取り、オークション会場が仲介の下で出品店さんとの価格折衝(値引きなのか、修理費用を負担してもらうのか、キャンセルなのか)、長引く恐れもありますので代金決済は通常通り6日以内に済ませなければなりません。代金を振り込み不動車運搬の出来る陸送会社に改めて依頼を行い、受け入れ工場に連絡と準備を進める。

車両課の方がローダーに乗せ易い場所に車両を移動してくださる・・・・本来はこれは有り難い事でしたが、運悪く台風が直撃!強風で建屋が煽られ壁が破損。破損した建材がリヤの硝子直撃!結果、ガラスは見事に砕け散る・・・・天災なのでオークション規約通りだと保証は受けられない!エンジン不動も車両課さんの点検ではセルモーターの不良だとか・・・・

出品店から中古のセルモーターが送られてきて、不動のための通常より高額な陸送費、リヤガラスの修理・・・・もう、ダメだ(涙)。完全に赤字決定の事案だね。車両が届き、セルを交換していただくもエンジン不動!名人が各部をチェックすると・・・・とあるBMW有名店の"お勧めのオリジナル部品"である、クランクプーリーが下手な仕事をしましてバルブクラッシュ!修理の概算は70万円オーバー!これを営業課の担当に送りまして、数日後に無事にキャンセルが確定しました。

当社としては被害がなく助かった訳ですが、一歩間違って搬出後にエンジン不動になった場合・・・・あるいは、クレーム期限後に突如壊れた場合・・・・最悪、納車直後に壊れたら・・・・どのケースでも大損害を被ったはずですので、本当に良かった!毎回書くことですが中古の機械なので何時それが来ても不思議が無い訳で、俺は付いていたんでしょう。出品店さんはご愁傷様です。

高年式で低走行・・・いつもこんな車ばかりを仕入れていられるんなら、こんなリスキーな思いもしないで済むことでしょう。低年式でも過走行でも、修復歴が有りでも良い車は必ずあります。憧れのあの車がこんなに程度が良くてこの値段!そんなプライスレスな取って置きの1台を探す努力、あるいは作り出す努力、"中古車選びは店選び"の神髄を極めてまいります。



2018年10月13日

★ 行商に行ってきた & 趣味車は飛び込めるか否か ★

ここの所、立て続けに在庫車両が御成約いただきまして、納車に向けての付帯作業で忙しくさせていただいております。そんな昨日も前々日に正式に御成約いただいた「アバルト・500」(グレー)を納車整備と車検取得のために工場に搬入しまして、手が空いたのは午後も3時を回っておりました。昼前にメールと直電で御連絡いただいたお客様は、千葉県富里市にお住まい「ローバー・ミニ」に興味があるそうで下取りもして欲しいとの事。下取り希望の車は「BMW・Z4」(E85)なんだが、現状では電動ルーフが不良で雨が心配で乗っていけない・・・・

成田市の隣町である富里まで約90分の距離。今出れば明るいうちに車を見ていただき下取り車両も見る事が出来るだろう・・・・と言うことで、急遽3時からお伺いすることにしました。順調に「つくば市」を抜けて・・・と言いたいところですが、そこは金曜日ですので一般道の渋滞が起きておりました。明るいうちの現車確認という任務追行の為に圏央道から東関道経由という、距離的には大回りなコース選択を行いまして空いている高速道路を快調にひた走る「ローバー・ミニ」。1998年式ですから20年落ちですが不安要素なしで4速3000回転をキープして、古き良き時代のOHVユニットは社外マフラーから快音をとどろかせています。

圏央道から東関道に入ったあたりでメーターに目をやると・・・・水温系の針が右下まで落ちている!上まで振り切ればオーバーヒートだが下ならオーバークール・・・・しかしながら10月の関東地方ではあり得ない。エンジン音は快調だし異臭も無い・・・"単なる計器故障か?"気にかけつつも富里インターに舵を取りETC出口でスローすると・・・エンジン停止!"ウワォ!"最悪だ!救いは後続がなく右側に一般出口があり目の前が赤信号で停止中。出口を超え左折予定なので一番端まで惰力で進む。一呼吸おいてセルを回すと・・・数回のクランキングの後、無事にエンジン稼働!

お客様宅まであと4km、幹線道路を進み大きな交差点前で再びエンジン停止!セルを回すも力なく掛かる気配がない・・・万事休すか・・・急いで車を降りて5mほど先の店舗の駐車場まで一人押し。こういう時は軽い車は助かる。"火事場の馬鹿力"とは良く言ったものだがパニックな時は周りの視線も気にならず、通常以上の力が出るようだね。車を寄せてボンネットを開けてエンジンルームを見ると何やらオイルの匂いがする訳で、最悪の場合エンジンブロー・・・・しかし、水もオイルも漏れた形跡がない・・・オイルレベルを見るとMAX以上に入っている。

水は流石に確認できないので近くの自動販売機で500mlの水のペットボトルを購入して、ラジエーターの上からかけてみる。ジュジュ〜〜当然のごとく音を立てて蒸発。数分しか経っていないがセルを回すと問題なくエンジン始動!急いでボンネットを閉めて近くの"有人ガソリンスタンド"に飛び込み、ガソリン満タンとオイルを少し抜いてもらうことに・・・・「500mlほど抜いて」と頼んだのに若い店員は1Lほど抜いてしまう・・・・少し多めのエンジンオイルだったので少し減らして、上抜きで抜いたエンジンオイルに水が回っていないか確認するつもりだったのだがね。

抜いたオイルを見ると水の回った形跡が無い!これで一安心。イグニッションをオンにすると水温系の針が真ん中を指している。これでメーター不良ではない・・・と言うことは、水が少ないのは明らかで水を足すにもラジエーターの温度は相当なものだろう。ここで冷ます意味もありエンジンオイルの全交換をお願いして、次に冷却水を満たしてエンジン再始動!もう軽やかに回っている!!サーモスタットの不良が原因で高速走行中に開かずに水を消費して危うくオーバーヒートするところだった。そこから数キロ走りギリギリで明るいうちにお客様宅到着。試乗していただき下取り車両の査定をさせていただき無事に商談成立です。

帰路は10km先の成田市の「大和の湯」に足を延ばして、一休みと夕食を取りまして途中で「なごみの米屋」さんで羊羹を購入し約60kmを快調に走ってきました。2車線の幹線道路のシグナルグランプリ?相手が"やる気"が有ったか分かりませんが、常に集団を抜け出して先頭を走るポテンシャル!(制限速度域までの急加速はスピード違反ではありませんので) クイックなステアリングとハードな足回り前時代的な車ではありますが、最近の車たちが忘れてしまった世界観がここにあります。今朝、オイルと水をチェックするも全く問題なし!でした。

こういうクラシックカーというか"ちょっと旧い車たち"を購入するには、多少の知識と勇気が必要なんです。よく聞かれるのは「エアコン効きますか?」「壊れんじゃないですか?」「足に使えますか?」・・・・・云々。気持ちは解ります。この前、「モンディアル」を検討していただいたお客様でさえ(古いフェラーリを買おうと検討している人さえ・と言うこと)、不良であるエアコンが気になって踏み切れない模様・・・・33年前に製造された車のエアコンです。33年前の電化製品が貴方の家で普通に使われています?ましてエアコンが使えていますか?そういうことです。

壊れんじゃないかって?「壊れません!」とは申しません。何せ、今となれば中古部品の集合体ですから。最新のエレクトロニクスの集合体でありロボットのような車と比べたら、何とも温かみのある部分が多々あります。何とかして治そう・・・と力を貸して下さるメカニックさんもいます。古民家再生ほどではありません(あちらは年季が違います) シンプルな構造ですから胆さえ押さえておけば何とかなります。快適な車が巷には溢れているのに"あえて"乗るんですから、足にすることも問題ないけれど、それなりの覚悟は持たなきゃダメです。

そう言うことを色々踏まえた上で、飛び込めるか、飛び込めないか・・・それは貴方次第な訳です。『憧れなんですよ・・・』よく聞く言葉です。「カウンタック」を買うなら誰にでも出来る事ではなくて、それも仕方ないと思いますが、新車の「プリウス」は買えても同額の趣味車は買えない・・・・燃費どうの・・・周りの人が止めておけ・・・・まあ、理由はいくらでも足すことができるでしょう。でも、夢なんでしょう?憧れなんでしょう?人生は一度きりですよ、購入する事の出来る資金があれば迷うことなく買ったらいいのに。

多くの人は夢は夢として諦め、極々普通の人生を送り人生の終焉を迎える事でしょう。でも、本当にそれで良いの?パチンコが趣味だ、ゴルフが趣味だ、ガーデニングが・・・と様々な趣味があり充実した人生なら良いでしょうけど、"車が趣味だ"と豪語するなら、ここらで勇気をもって趣味の扉を開けませんか!当社に週末ごとに集う人々の笑顔と尽きない愛車自慢。それを聞いている自分さえ羨ましい感じだもの。貴方の夢の実現をお手伝いいたします!お問い合わせお待ちいたしております。

2018年10月08日

★ 3連休も終わり ★

季節の移ろいは早くて我が家の家庭果樹園も、「栗」が終わり「柿」が旬を迎えまして、「みかん」がもうすぐとなってきました。孫たちの幼稚園の運動会も終わり、コンビニでは「クリスマスケーキ」のパンフレットが配られ、カレンダーも残り3枚ですし、「おせち」のダイレクトメールが届く季節。もう今月も中盤か・・・・

そんな中の3連休も終わりまして沢山の御客様で大盛況のFIORANOでした(何故か最終日は閑古鳥でしたが)。3台ずつ在庫車両のある「DS3」と「アバルト500」が1台ずつ御成約となりました。明日以降、車検に整備と工場搬入して今月末には納車できるように頑張ります。

今週は2台の御成約をいただいた訳ですが、見積もり数、電話問い合わせ、御来店いただき試乗された方は相当数いらっしゃいます。「ドモホルンリンクル」のCMで『こちらから一切の売り込みはございません・・・』だそうですが、当社では御来店いただき試乗、あるいは見積もりを書かせていただいた御客様へは、感謝の意味も有り1度だけ御電話させていただいております。

「やっぱ、今回は止めておきます・・・」高価な商品ですから致し方ない事です。しかし、試乗されて帰り際に『今回はありがとうございます。前向きに検討します』とか、『3日以内に御返事します・・・』なんて方の、御成約率は相当高くて嬉しいのですが、『今回の購入が無くても、何か買わせていただきます・・・』これ、ほぼ駄目です。気を使った返事なのでしょうけど、聞いただけで数日後に電話するテンションも下がり気味です。

昨今、"カルト系中古車店"と噂されているそうな・・・・嬉しいような、驚きのような・・・・カルト系狙った訳では無いのですがね。自分が若い時には近所に無かった、クルマ好きが夢中になれるような、あるいは、憧れであるようなクルマが置いてある中古車屋を目指したわけです。今の所それに近づいているのかなぁ・・・・まあ、それだけじゃ食っていけませんのでよろしくお願いいたします。

新入庫は「スマート・フォーツークーペ mhd」 走行距離は多めですが(77800km)、社外エアロ、社外アルミにランボルギーニ純正カラーでオールペイントされたボディを見てください!車検も半年以上ついて、37万円(税込)!早い人勝ちです。

2018年10月04日

★ 大内宿に行ってきました ★

10月最初の定休日である昨日は予定通りドライブに行ってまいりました。3年間で僅か58km!のみの走行距離である、わが愛車で長距離を走る不安が無いと言ったら嘘になる・・・いや、不安だらけ。三角掲示板の車載を確認したり・・・もうそれは止まるのを覚悟しているかのよう(笑) 前日に御近所を慣らし運転してガソリンを満タン給油、低速域でのもたつきは仕方ない所か・・・プラグでも変えようか・・・・と思っただけでそのまま。

孫たちを幼稚園バスに乗せてから、集合場所である常磐道友部サービスエリアを目指す。圏央道常総インターまで一般道で7kmほど走る。水温異常なし、油温OK、アイドリング・・・多少もたつくが、まあまあ往けそうな感じ。ミッションオイルも温まり1速から3速へ飛ばしていたシフトチェンジも、ガリ音なしにスムーズに2速に入るようになる。ETCゲートをくぐり、いざ高速道見参!交互通行の圏央道なので80km程度の流す感じです。こやつ時速80kmだと2速の守備範囲、3000回転をキープできる2速なら全く快調そのもので一安心。

15分遅れで友部SA到着。今回の立案者であり御供の当社営業部長事、竜二君は30分以上待ってくれていたそう(申し訳ない) 今回は平日でもあり2台でのプチツーリングとなった訳で、車の調子次第で目的地を変更予定でしたが、まあ往けそうなので第一候補の福島県・大内宿を目指しました。ナビ誘導では「いわき」から磐越道に入り会津若松まで高速道路で・・・でしたが、山間部のワインディングを楽しむために、磐越道の小町から阿武隈道路を経由して、東北道に入り白石スマートで降りて、甲子高原方面に向かう約350kmのルート選択です。

友部を出た2台は快調に進みまして日立のトンネルエリアを超えると、もう貸し切り状態なほどの交通量になります。次の休憩地である中郷SAまで快音を撒き散らす「テスタロッサ」と、"ニュル最速"を誇ったパワーを水を得た魚のごとくピタリ並走の「メガーヌ・RS」。中郷SAまでの残り距離を示す標識が現れたころ2台でランデブーをする「ロードスター」をロックオン!4速巡行だったので右足に力を込めスィ〜とかわして走行車線に、すると、抜かれたロードスターが追い越していく・・・・とここまでは、よくある高速道路の光景なのですが、左車線を走る我々の前に"黒いクラウン"見参〜〜

ルーフアンテナを確認すると"黒いポールショートアンテナ"おおおお〜〜駐在さん情報どおりの覆面車両でございます。明らかに130km以上で追い越し車線をキープし続けるロードスターには目もくれず?、赤くて低くて爆音を撒き散らす車をターゲットに絞り込んだ模様で、前方の車に追いつくと鮮やかなステアリングさばきで左車線に戻り、おいらが抜き去る場面を設定している模様。こちらは「F15」がロックオンしたかが如く後方にピタリ追尾して、同じように車線変更を繰り返すのでした。その間は約10kmは進んだでしょうか、高萩インターを超え休憩地の中郷SAが近づきます・・・・

黒いクラウンは水戸ナンバー。まもなく福島県に入れば獲物を取り逃がすことになる・・・・ルーフに赤色灯が回ったのは中郷SA500m手前。ロードスター2台はあえなく御用となりました。トイレ休憩を終えて数キロ走った路肩でキップ切りの作業中でございました。あとは休憩もなしに磐越道・東北道経由で甲子トンネルを超えて「しもごう道の駅」で休憩しました。ここの道の駅は農産品の安さは驚異的です。小ぶりですが11個入りの「黄桃」1箱で1000円!食用の「ほうずき」が5個入りで130円!。どちらも購入しましたが美味〜〜〜

道の駅から10分ほど走ると右手に「湯野上温泉駅」が見えてきました。「東北の駅100選」に選ばれた藁葺きの駅舎で鉄道ファンなら是非!という場所なのだが、営業部長は全く興味を待たぬので「大内宿」を目指す。5分程度で無事に到着、時刻は13時、ちょい遅いランチを「三澤屋」で「名物・高遠そば」と「栃餅」をいただく。これまた美味〜〜〜これが食べたくて妻も同行したのでした。

帰路は東北道で一気に下り舘林インターで降りて帰ってきました。日が傾いた東北道、若かりし頃、よく二人でドライブしたね・・・なんて思い出話をしましてセンチメンタルな気持ちに浸ります。エアコンも壊れオーディオも壊れた所有して26年になる愛車。これを維持するために猛烈に働いてツーリングに行ったり、夫婦で「フェラーリ・ブランチ」に参加したり、幼子2人を乗せて4人で乗った時もありましたっけ・・・・嬉しい時も苦しい時もあった僕ら夫婦の歴史でもあります。爆音の侵入するコキコキなんてダッシュ周りの音がしている中で寝息を立ている妻。

『もう、20年ぐらい乗せてもらっていないよね?今日が最後かなぁ・・・』なんて、悪戯っぽく笑います(決して病気とか、今すぐ愛車を手放すとかではございません) 貴方がいたから頑張れたんだ・・・俺は幸せだなぁ・・・・これからもよろしくお願いいたします。あと何年かたってフェラーリをフェラーリらしく運転できなくなったら手放してもいいと思うんだ。そんな時はもう少し小さいスポーツカーを買って、あるいは鉄道旅でもいいから、行ったことのない西日本方面に行きたいね・・・・とりあえずは今月で切れる車検を取ることにしましょうか。



2018年10月02日

★ 秋ですね ★

台風一過の青空に恵まれた茨城です。例年なら田んぼの稲は刈りつくされているはずですが、何故か収穫前の田んぼが多数見られます。天候不順が原因なのか家畜用に品種が違うのか解りません。刈り取り後の落ち穂を狙って「しらさぎ」と「カラス」が争っております。そこに「トンビ」襲来!狙いはカラス、あっと言う間にカラスの集団は姿を消しました。なんかこう・・人間社会にも当てはまるような構図ではあります。

青空と言ってもすでに10月ですから、そこはもう秋の空。"連結したトンボ"が集団で飛んでおります。希に一匹のトンボを見かけると飛び方が不規則なんですね。なんだかなぁ・・・・久しぶりに卸売市場に朝方に向かった時の光景でございます。友人が店長を務める青果卸問屋さんで「熊本みかん」を購入。まだまだ完熟ではない"青いミカン"ではありますが、そこはプロがセレクトした「たまなブランド」美味です!

自分たちの仕事もそうですが、外観は同じでも中身が違う!"彼を信頼している"から値段も聞かずにお勧めの品を購入してきました。10kg入りで3800円(税別)、安いのか高いのかも不明ですが、満足度は100%な訳ですから、これは正解だと言う事ですね。自分も精進してさらなる高みを目指して、もっともっと信頼される中古車屋を目指しましょう!

「ボクスター」の納車準備が整いまして、一足先に下取車両で「バルケッタ」が入庫しまして、前オーナー御自宅で先日の台風で飛来したブツにより出来た凹みも綺麗に治り、懸念材料でもあった旧いフュエールホースもワンオフ制作で交換し、本日ネットアップいたしました。1年前に納車した時にタイベル交換を初めエアコン関係も修理済み!低年式ですが十分楽しめるクルマだと思います。もちろん納車前には細部までの点検整備と油脂類の交換をさせていただきます。

1996年・ディーラー車・車検31年5月・走行70600km・オレンジ・修復歴なし・記録簿・取説・コードカード完備・キーレス付 税込・48万円 履歴のしっかりした車両ですので安心して乗れると思います。考え方に寄れば22年落ち!すげ〜事ですよね。す〜と流して信号で止まり廻りを見たら22年前のクルマなんぞいませんもの。それでも振り返られる魅力を発散している「バルケッタ」凄い事だと思いますよ。

オンリーワンの存在感とでも言いましょうか、これよりも遥かに高価な「Nボックス」「プリウス」なんか乗ってる"おねえちゃん"も憧れビームを送っておりますし、黄色の帽子の小さな天使たちに手を振られたり、さらに幼い自転車の後部席から指さしなんぞされますよ。屋根を開けてサングラスなんてカッコつけすぎずに、気ままに片手ハンドルで"ゆらーり"と乗り回して、コンビニの駐車場でも開けたまま停めて、軽〜いエンジン音を残して走り去る・・・・・そう言う事が出来る男になりたい。


2018年09月27日

★ バルケッタ入庫 ★

本日も雨模様、朝晩の冷え込みがほんの数週間前の暑さが懐かしく、アイスコーヒーからホットに変わり、栗の実が落ちはじめ街路樹さえ色付きだした、すっかり秋めいた茨城です。そんな小雨にも負けずオークション参加です(僕では無いけどね)。先日販売した「シビック・タイプR」の下取り入庫の「インプレッサ・WRX」を出品しており、その価格調整と数台の在庫候補の下見と応札が本日の任務。"売り"は想像通りに下取り額の4万プラスで無事に落札されました。

出品料、成約料、搬入費に事前のクリーニング等を考えれば、プラスというより「プラマイゼロ」・・・まあ、下取り車両の提示金額はオークションで落札されるであろう価格を表示しているので結果オーライな訳ですが(買い取り専門店なら出せない価格だと思います) 一つ間違えば販売した車両の利益さえ全て飛んで行ってしまいます。(ワイルドだろ〜〜・旧い・笑) 

「ボクスター」が売れて入庫したオレンジの「バルケッタ」なんて、"下取り価格+値引き"を含んで取りましたので、このままオークションに出したら100%赤字。でも、当社出身の車両ですし1年前の納車時にタイベルまで交換していますし・・・・、車検残もあるので凹みの手直しと機関の整備を行い、原価が回収できる程度の価格でお届けしようと考えています。只今整備が終わり板金を残すばかりで、在庫の黄色の「ニュー・バルケッタ」の半値程度!を予定しております。車両入庫中ですのでいつでも見に来てください!

昨今のエコブーム?と言うか低排気量車中心の流れの中で、V8だのツインターボだの潮流に逆らうようなラインナップを押し進めている店主ですが、自分のドライビング技量を超える車を運転するのは、肩にも腕にも力が入り唇を噛むほど緊張して試運転・・・・笑えない真実でもあります。

「チンクエチェント」「2CV」なんかは別の意味で緊張しますが、肩ひじ張らずにサラ〜っとカッコ良く乗れるクルマって何だろ・・・そんな思いで入れたのが「プジョー・306・カブリオレ」なんですが、こう言うクルマに乗るとノンビリとクルージングする事の気持ち良さを再確認できます。これでマニュアルなら・・・・なんて無い物ねだりの欲望を叶えてくれそうな「バルケッタ」。手ごろなヤングタイマーな1台ですね。


2018年09月26日

★ カーマガジンに掲載されました ★

連日の雨で参っちゃいますね。今週末もダメな感じで車両の画像撮影もままなりません・・・・ネット時代ですから画像の出来は営業成績に直結します。ヤフオクの出品で営業していた時代は、画像変換ソフト「フォトショップ」などの力を借りていましたが、グーネット掲載時から加工一切無!ありのままで画像アップしていますので、青空と太陽次第で画像の出来が左右されてしまいます。

先日の「マセラティ3200GT」の画像は曇り空でしたので、後程撮り直し・・・したのですが、まだまだイマイチな感じですので、青空のもとでもう一度チャレンジ予定です。入庫して1週間経過となる「306・カブリオレ」も中々撮影が出来ません・・・・新たに「BMW・Z4」が入庫してくるんですが、ネットアップは何時に成る事やら(涙)

そんな悪天候の中の3連休でしたが、「ボクスター」が御成約となりまして、他2台が商談中で御返事待ちです。まずまずの営業成績でしたが気が付けば9月も最終週!こりゃ8月に続いて赤字だわな(トホホ) そんなに上手くは行かない訳でございます。本日発売の「カーマガジン・485号」に、当社の「アルファ・155」と「アバルト・プント・エヴォ」の取材記事が出ております。(中本副編ありがとうございます)

例の"100ドロ"のページでございますが、流石はプロの画像は躍動感に溢れております。これが切っ掛けでホームページのアクセス数、グーネットのビュー数字も跳ね上がる事でしょう。そして御成約!となれば「めでたしめでたし」なのですが・・・・こればかりは時の運とでも申しましょうか(笑) 

本日は定休日 ちょっと御疲れ気味なので"神業"のマッサージ施工士のいる「日帰り温泉」に予約を入れて行ってきました。もう、この方の技術力は「ハンパねぇ〜」肩も腰も軽くなりました。9月も残り数日ですが、最後の土日も残っており納車も有りますので頑張ります。



戻る
次へ